金胎山真言院

真言院の供養

真言院の諸祈願

真言院の供養

永代供養

「永代供養」とは、寺院が永代にわたり供養を行なっていくことです。

この先、住職が代わっても真言院が続く限り供養を続けていきます。

将来子供に心配や負担を掛けたくない方、無縁墓にならない安心できるお墓や納骨堂をお求めの方など、様々な事情に対応するために永代供養がございます。

「先祖代々のお墓や納骨堂があり継承者もいるが、お寺でも供養をしてほしい」

「お墓を継ぐ人がいないので、合同墓地を探している」

「子供や孫に負担をかけたくないので、お寺に供養を任せたい」

永代供養を申し込んだからといって、今後の先祖供養をすべてお寺に任せなければならないということではありません。

お寺での供養はいたしますが、ご家族での供養はできる限り続けられることが望ましいです。

永代供養料  1名 30万円
(先祖代々など数名の方の永代供養をお考えの方は、ご相談ください。)

永代供養を申し込むと・・・
 ・真言院の永代供養過去帳に記帳されます。
 ・位牌を建立し、永代供養檀に納めます。
 ・月命日ならびに毎年11月20日の永代経法要にて供養をいたします。

(費用はすべて永代供養料に含まれます。)

水子供養

流産、死産をされた方。過去の水子も供養いたします。ご相談ください。

水子地蔵は子供を護ってくださるお地蔵さまです。水子精霊の供養だけでなく、安産の祈願やお子様の立派な成長を祈願したいときなどにも水子地蔵をお参りください。

ペット供養

ご希望があれば枕勤めも行います。

ペット専用の共同墓地もあります。

永代供養料 1万円

真言院の諸祈願

安産祈願(戌の日参り)

妊娠5ヶ月目に入った最初の戌の日に、母子の健康を祈願し「戌の日参り」を行います。犬はお産が軽いことにあやかっているといわれています。

真言院では、不動明王の前で護摩供養を行い、妊婦自身と腹帯など身に着けるものをお清めし安産祈願します。

成長祈願(百日参り)

子供が生まれて百日の頃、健やかな成長を願ってお宮参りをする風習があります。

本来「お宮」とは神社を指しますが、真言院のご本尊も檀信徒を護ってくださる仏さまです。

これからお子さまを護ってくださる、その土地の神さまや仏さまにご挨拶してはいかがでしょうか。

住職が簡単な記念写真を撮影します。

七五三参り

七五三は神社にお参りすることが多いですが、真言院のご本尊も檀信徒を護ってくださる仏さまです。

これからお子さまを護ってくださる、その土地の神さまや仏さまにご挨拶してはいかがでしょうか。

住職が簡単な記念写真を撮影します。

供養・諸祈願についてのお問い合わせはこちらから

TEL : 0136-45-2644 / FAX : 0136-45-3035

メールでのお問合せはこちら

TOPに戻る